砥鹿神社に恵方参り

夏至が近いので、愛知県豊川市の砥鹿神社へ恵方参りに行ってきました。神社には茅の輪くぐりがありました。
これは、6月30日の大祓を夏越の祓と言って、茅の輪をくぐることで穢れ(けがれ)を茅に移して気分もすがすがしく、健康と繁栄を神様に祈るらしいです。6月30日じゃないとダメなんだろうかと思いながら、ダメで元々とちゃんと書いてあるとおりにくぐってきました。
2018.6.17a
今日のお参りではきくちゃんの安産もしっかり祈ってきました、
2018.6.17b
せっかくここまで来たので、豊橋のトトロとメイサの飼い主さんといっしょにランチを約束してありました。ちょっと早めに行ったので、おうちで少しおしゃべりしてから豊橋駅前のホテルアソシア豊橋の中国料理「梨杏」へ行ってきました。
オーダービュッフェを予約してあったので、まあ色々オーダーしてしまいました。。。小皿だからと安心して次から次へと???意外にオーダーストップの時間は早くやってきました。でも、その頃はお腹はいっぱいで満足でした~美味しかったです~~

ちょっと駅でお買い物してから、そのまま私たちは碧南に向かいました。なかなかこちらは来るチャンスがないので、帰りに「九重みりん」に寄るつもりでした。九重みりんなんてスーパーで買えるでしょ?なんて・・・スーパーに売っていないプレミアムなみりんが欲しかったんです。ところが・・・今日はお休みでした。残念・・・2018.6.17m
帰り道にもう一つ碧南で行きたかったところに寄りました。焼き芋専門店「丸じゅん」。特にここの冷たい焼き芋「ひえひえ君」が欲しかったんです。2018.6.17n
ローカルテレビでは色々な情報番組に登場するお店で、それほど広くない駐車場は満車。購入するにも少し並びました。
帰りに車の中でアイスクリームを食べようと安納アイスを買ったら、なんとサツマイモの氷の上に、自分でソフトクリームを絞っていただくという物ですが、これがあまりに固い氷とソフトクリーム、あまり合わなかったです。ポスターの写真ともあまりに違うので、ちょっとがっかりしました。2018.6.17o

母と金シャチ横丁

6月11日は父の命日。私は父が亡くなった年齢を5年も超えてしまいました。なんだか親の年齢を超えるというのはおかしなものですが、今でもやっぱり父は私よりも年上。
母と一緒に11日の月曜日にお墓参りに行くつもりでしたが、天気が悪そうだったので昨日に変更しました。
前回来たときは娘やお孫、いとこたちがそろって賑やかな墓参りでしたが、昨日は母と静かに参ってきました。

墓参りの後は、いつものように母とランチに行きました。
“何が食べたい?”
母もあまり調子が良くなさそうで少し元気がありません。
“美味しい物食べて元気出そうね!”

二人でやってきたのは、今年春オープンした名古屋城の金シャチ横丁です。以前一度来てみましたが、名古屋城正門前の駐車場には長い列ができてとても待つ気がしませんでした。でも、名古屋城天守閣はゴールデンウィーク後は中には入れなくなりましたから、名古屋城に来る観光客は少し減ったかな?

やっぱり駐車場はガラガラというほどではありませんが、しっかり空いていました。金シャチ横丁の「義直ゾーン」は駐車場からもすぐのところです。2018.6.13a
母の希望で「備長ひつまぶし」へ入りました。まだ11時を過ぎたばかりでしたが、店内には2組ほど先客がいました。2018.6.13b
注文したのはもちろんひつまぶしです。美味しかったです!2018.6.13c
ここは他にも名古屋めしの色々なお店がありますから、何食べようかな?って迷っているときには良いかもしれません。平日ならデパートよりも車は駐車しやすいし、駐車場からもすぐです。ただ、1つ1つのお店が小さいので、12時過ぎるとどのお店も満員になってしまいそうです。
昨日は「義直ゾーン」へ来ましたが、「宗治ゾーン」もちょっと行ってみたいです。宗治ゾーンの方がもう少し歩かないといけません。

母はうなぎを食べて少し元気が出たようでしたが、そのまますぐに家まで送っていきました。
しばらくきくちゃんの赤ちゃんの世話で母と墓参りも行けなくなりますが、ちょうど暑い時期なのでお休みも良いかもしれません。また秋になったらお参りに行くからね、パパ!

金沢観光してきました

先日、能登半島へ行ったときに金沢のすぐ隣の内灘海岸へ泊まったにもかかわらず、金沢の町へ足を踏み入れることはありませんでした。それは、実はその日金沢では百万石祭りが行われていたからです。大名行列もあるようで、お祭り好きの私としては“ラッキー!”と言うべきなんでしょうが、さすがに犬連れではお祭りは行きにくいんです。。。ということで、金沢の市内を避けるようにして帰ってきました。

それでも、帰りの車の中で金沢へ行けなかったことでちょっと悔しさが残り、1週間過ぎた昨日、犬無し日帰りで遊びに行ってきました。
我が家から金沢まではどうしても3時間半以上かかります。向こうでの滞在時間は3時間か4時間か・・・優先順位を決めて効率よく行きます。

行ったことのないひがし茶屋街、一度行ってみたいところでした。
いきなり小判!金箔のお店が並んでいるので入ってみました。演技が良さそうなのでなにか買いたかったんですが、どうしても欲しい!というものを見つけられませんでした。2018.6.10a
ひがし茶屋街には食べ物屋さんや和菓子屋さんもたくさんありました。下調べが十分でなかったので、何を買ったら良いやら・・・
中田屋のきんつば、買いました。2018.6.10b
他にも加賀藩御用菓子司森八や、佃煮屋さんで色々買いました。結局、食べるものばかり・・・

スライドショーには JavaScript が必要です。

金箔の蔵
2018.6.10f
1時間ぐらいぶらぶらして次に向かったのは、「町家懐石 六花」。ここが優先順位一位の所でした。
2018.6.10g
アスパラガスと紫蘇の花の豆腐2018.6.10h
新ゴボウのしんじょうの椀物

2018.6.10i
八寸
2018.6.10j
スズキとジャガイモ2018.6.10k
トマトとスナップエンドウの冷製茶碗蒸し2018.6.10l
新ショウガのご飯2018.6.10m
野菜のお酢のシャーベット2018.6.10n
さすがにミシュラン二つ星のお店です。一つ一ついただくたびに顔がほころんで幸せいっぱいになりました。どのお料理も感動的で本当に美味しい~
最初に予約の電話を入れたときに、「何か食べられないものはありますか?」って聞いていただきましたが、夫婦共に好き嫌いがありますが、あれもこれもと言うわけにはいきませんでした。でも、ここは野菜を中としたお料理も多かったので、みんな美味しくいただきました。
ここだけのために金沢へ来たとしても惜しくないって本当に思いました。また必ず来たいです!

食事が済んでから、近江町市場へ行くことにしました。ここは先日行くつもりだったのに行けなくて、とても残念に思っていました。
その前に・・・市場の近くにある人気店、「フルーツむらはた」のフルーツパーラーへ寄ってフルーツパフェと和風パフェ。人気のイチゴパフェはもう終わっていました。

そして、いよいよ近江町市場。今日はたくさん買い物できるように冷蔵バッグも車に積んであります。
2018.6.10o
でも、お腹がいっぱいすぎてあまり食べ物見たくな~い。カニはシーズンではないし、魚は輪島の朝市で見たほど感動が少なくて・・・カニのシーズンになったらまた来たいな。2018.6.10p
夕飯用に船楽でのどぐろの押し寿司は買ってきました。うちで夕飯にいただきましたが、これもまた美味しかったです。2018.6.10t

近江八幡でロープウェイ

土曜日の夜、旅行から家に帰った私たちは、日曜日は我が家でのんびりと言いたいところですが、夫は休んだ分の仕事がたまっているので朝から晩まで働いていました。私も同じように休む暇も無くブログ用の写真の整理ややることだらけ・・・

そして月曜日になると、夫は仕事で滋賀県まで車で行くことになっていました。
“やっぱり付いていくかな~~”

一つ誤算がありました。名神高速の集中工事、おかげで一宮、関ヶ原、八日市・・・そこら中で渋滞ができていました。いつもなら2時間ぐらいで竜王まで行けるのに、3時間もかかりました。竜王アウトレットで少し買い物するつもりで、早めに出たので十分間に合いました。
写真はガラガラに見えますが、この日は今まで行った中で一番混んでいました。
2018.6.7c
“また、北陸のお寿司にする?”
懲りずに金沢の「もりもり寿司」へ行ってきました。やっぱりここも美味しいけど、私の中では先日行った「西海丸」が一番かな?

夫が仕事が終わるまでアウトレットで待つよりも、前回行った近江八幡の観光が楽しかったので、今度はロープウェイに乗ることにしました。まずは、アウトレットからバスで近江八幡の駅まで行きます。2018.6.7d
駅までは30分以上かかったような気がします。前回はそこから歩いてロープウェイの近くまで行きました。でも、その日はさすがに疲れているので、タクシーでロープウェイの駅まで直行しました。
ロープウェイは15分間隔で出ていて、頂上までの時間はたった4分です。あっという間に近江八幡の町並みが眼下に広がり、琵琶湖や水郷が見えてきました。タクシーの運転手さんが教えてくれた比叡山はあれかな?

スライドショーには JavaScript が必要です。

ロープウェイで下りてくると、すぐ隣が「日牟禮八幡宮」です。前回もお参りに行きましたが、今回もお参りしてきました。2018.6.7h
そして、その参道にあるのが「たねや 日牟禮乃舍」です。山の上でかなり歩いたので、喉がカラカラです。ここの茶屋で休むことにしました。2018.6.7i
やっぱり暑いときはこれに限ります。「つぶら氷 抹茶」です。店先で焼いているつぶら餅も1つ付いてきます。こちらは熱々、氷はもちろん冷え冷え、小豆の美味しいこと。2018.6.7j
休んでいるうちに夫から電話が入り、ここまで迎えに来てくれました。夫も氷をいただいてから、ようやく渋滞が待っている帰途につきました。かなりの渋滞でそれも要所要所では完全に止まってしまいそうな様子だったので、結局近江八幡からなんと各務原までは国道を走り、そこから東海北陸道周りで帰ってきました。結局、所要時間4時間、たぶん高速で渋滞の中にいても4時間ぐらいで帰れたかもしれません。それでも、渋滞の中でじっと我慢しているよりはましでした。

6月2日 能登半島最終日

私たちとランディの旅も3日目、最終日となりました。
今日は帰りにひなちゃんときくちゃんを小牧に迎えに行くので、なんとしても午後7時までに帰らなければなりません。逆算すると、遅くても2時か3時には出発する必要がありそうです。
ということは、朝7時から7時間ぐらいはたっぷり余裕がありそうです。

その前に朝6時頃ホテルを出発する前に、内灘海岸までランディと散歩に行ってきました。浜辺に咲く花や草は私たちにとっては珍しいものです。

浜辺の向こうの方を見渡すと、車がぎっしり止まっています。なんだろう?と思ってよく見ると、釣り竿を持った人たちも見えました。こんな朝早くから皆さん防波堤で釣りをしていました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

昨日すでに能登半島は一周してしまいましたが、今日は輪島まで戻って朝市に行く予定です。
今回、能登半島を走ってみて驚きましたが、ほとんどの高速道路がタダ!無料です。1カ所だけ200円支払ったところがありましたが、他は無料でした。かつては有料だったようですが、現在では無料になったみたいです。それも、それほど混んでいるところがないので、少々遠くてもあまり気になりませんでした。

ホテルから輪島までは約1時間半、思ったよりも早く朝一に到着しました。駐車場はほぼ満車でした。早速朝市をのぞくと、やっぱり買いたい物は魚、一夜干しの魚です。冷蔵庫は持っていなかったので、自分の家と娘の家に宅急便で送ってもらいました。それにしてもお魚、安い!さすがにのどぐろは少々高価でしたが、それでも他のめばる、ふぐ、ほっけ等々あまりに安くて運賃の方が高くなりそう・・・全部冷凍できるので、娘や孫にもたくさん送りました。
翌日届いたのどぐろとめばるをいただきましたが、ホント美味しい~~

スライドショーには JavaScript が必要です。

お買い物で興奮したので、ちょっと休憩です。また10時のおやつかな?輪島プリンにゆずソフトが乗ったもの。毎日美味しいスイートがいただけてハッピーです。

朝市の奥の方で見つけた輪島塗のステキなお店。輪島塗が売っているところはたくさんありますが、店先でまとめ売りをしているのは本物?って思っていたので、ステキな輪島塗を見て目の保養をさせていただきました。欲しい!と思った物はちょっと手を出すのに勇気がいるお値段でした。とりあえず今回は輪島塗のお箸を買いました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

朝市を出て、昨日寄った所に近いところでランディの散歩です。ちょうど土曜日だったので、クラシックカーが集まっていたり、自衛隊もイベントをやっていました。

さあ、ここからは南へ下りながら気になったところへ時間の許す限り寄ることにしました。
輪島の方へ来て、家屋が非常に違っていることに気づきました。特に、外壁がほとんど板塀なのには驚きました。雪も降り、海からの風も強い地域で、板塀では痛みやすいのじゃないかと想像しましたが、モルタルのような外壁は本当に少なかったと思います。

その代表的なところが、輪島市天領黒島角海家でした。北前船の廻船問屋として栄華を誇った角海家のお家ですが、今では輪島市に寄贈されています。
“ちょっとだけ見てみる?”
そう言いながら中に入りましたが、なんと案内人の方がとても親切で、家中を全部説明しながら案内してくれました。2018.6.6a2
この家だけでなく、この辺りは古い家がたくさんあります。ただ、空き家も多いらしく今後の維持が大変だということがよく分かりました。

思いがけず時間を取ってしまったので、もうお昼の時間になってしまいました。前日に通ったときに見つけた「西海丸」の看板。そこへ行ってみることにしました。2018.6.6o
港のすぐ横にあるお店です。2018.6.6n
とにかく美味しかったー!ネタが大きくていくつも食べられません。それでも、かなり食べましたよ!

予定していた厳門へ到着です。本当はここで観光船に乗って海から見るつもりでしたが、時間が無くなってきたので、今回はあきらめました。次回は絶対に船に乗ろう!って思いましたが、一つ問題が・・・船に乗るには海までずっと下りていかなければなりません。ということは、船から下りたら山を登ってこないといけないということです。それがちょっと辛そう・・・

スライドショーには JavaScript が必要です。

最後にお待ちかねの羽咋市の「千里浜なぎさドライブウェイ」へ寄りました。世界でも珍しい波打ち際を自動車で走ることができるドライブウェイで、約8km続いているそうです。私たちは実際に全部は走りませんでしたが、かなり長距離走ったと思います。途中にはお店もあります。
2018.6.6z
海側には車を止めて魚釣りをしたり、のんびり水遊びをしたりする人がいました。ただ、じっとしている分にはいいのですが、散歩のように歩き回るのは車が通るのでちょっと危ないかもしれません。ここはただのんびりしにくるところです。

スライドショーには JavaScript が必要です。

これで、私たちの能登半島の旅は終わりです。帰りはまた東海北陸道で帰ってきました。途中ひるがの高原サービスエリアで行きに食べられなかったソフトクリームを食べました。2018.6.6z3

6月1日 能登半島一周(後半)

2年前に東京在住のクラブの会員さんが、能登半島を旅した話しをクラブの会報誌「エアデールつうしん」の「おでかけニッポン」のコーナーに投稿していただきました。それを編集したときから、私もいつか行ってみたいな~とずっと思っていたのでした。
その中で、能登半島の一番北の端っこ「禄剛崎灯台」が載っていたので、もちろん私たちもそこへ行くつもりでした。

灯台まで車で行けると思っていたのは大間違い。「道の駅 狼煙」からは歩いて上らなければなりません。約15分と書いてあります。下から見ると、その道はかなりの坂に見えました。2018.6.5a
“ランディが大変だからやめようか・・・”
思わず言葉が漏れました。実際ランディのことも心配でしたが、私自身朝からあちらこちら歩いてばかりで疲れてきました。それも、砂浜をたくさん歩いたせいか股関節が痛んできました。
本当は見たかった禄剛崎灯台、案内看板だけで終わりました。2018.6.5b
そして、今度は能登半島の西側を走り出しました。少しずつ風景が変わってきました。
この風景はどこかで見たことある・・・そうだ、朝ドラの「まれ」でこんな感じのところ出てこなかったかなあ。
途中、塩田も見えてきました。煙が出ています。これもドラマで見た!2018.6.5c
珠洲市の「道の駅 塩田村」へ出てきました。海の美しさが際立っています。ここで、揚げ浜塩を買ってきました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

再び同じような光景の続く道を走り始めると、まもなく今度は「輪島塩」の大きな看板が見えてきました。ここでも塩田を見学して、昔ながらの作り方の説明をお聞きして、またもや揚げ浜塩を買ってきました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

輪島は次の日の朝一番でもう一度来るつもりでしたが、とりあえず1回止まって海を見ながら散歩しました。2018.6.5j
その日、夕方5時に羽咋郡志賀町のレストランを予約してあったので、それにあわせてもう1カ所途中の「琴ヶ浜」へ寄りました。鳴き砂として有名ですが、よくわかりませんでした。でも、綺麗でした~~

スライドショーには JavaScript が必要です。

そして、時間通りに到着したレストランは「てらおか風車本店」です。ここは能登牛が食べられるお肉の専門店で、ここ本店の他に金沢と前日に泊まった小矢部のアウトレットモールの中にもお店があります。前日、アウトレットへぎりぎりに寄ったときに見てきました。
“明日はここの本店に行こう!”
と、その時に決まりました。2018.6.5n
焼き肉、すき焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキ、お肉料理なら色々な種類がありますが、私たちは焼き肉の「能登牛大皿(2~3人前)」を電話で予約してありました。その日は朝からケーキとジェラートを食べただけでしたから、お腹はもうペコペコ!それでもこの量、全部は無理でした。もちろん残った分はランディのために持ち帰りました。
2018.6.5o
変わった形の鉄鍋は周りが溝になっていて、そこに野菜を入れて焼きます。お肉を上で焼くことによってお肉の脂が野菜の上に落ちて、野菜も美味しいこと!2018.6.5p
5時に焼き肉を食べたのは理由がありました。食事が終わったら金沢市内灘町の内灘海岸まで直行して、日没を見るつもりでした。日の入りは午後7時ちょっと、絶対に間に合う予定でした。

内灘海岸に着いたときはそろそろ日の入りが始まりかけていました。ここは浜辺まで車で乗り入れることができます。
山に住んでいるせいか、海に落ちる日の入りはより美しく感じるのでしょうか。

スライドショーには JavaScript が必要です。

その日、私たちの宿泊地「旅籠屋 金沢内灘店」はこの海岸のすぐ近く。道路を1本挟んでいるだけです。ホテルの隣には「天然温泉ゆらら」があり、2晩続けて温泉も楽しむことができました。
2018.6.5w

6月1日 能登半島一周(前半)

いよいよ能登半島へ入る日の朝です。実はその前の晩、ランディがあまりにも深く寝入ってしまったので、朝起きてこなかったらどうしよう・・・とちょっと不安になりました。私たちもだんだん歳を感じるようになりましたが、ランディは私たちを追い越していきそうで、少し寂しいです。

朝5時には目覚めてしまい、ランディを連れて散歩に出ました。隣のアウトレットモールは静か・・・反対の隣には道の駅「メルヘンおやべ」があり、そこにはドッグランもありました。でも有料のドッグランで、朝は鍵が閉まっていました。

旅行に出かけると、ドッグフードとkuikuiを持ってきますが、いつもkuikuiだけ食べてドッグフードはほとんど食べません。
“ぼく、パンなら食べるよ!”
ランディ、旅行中はひとりっこなので甘えたい放題です。
2018.6.4a
朝7時過ぎには出発しました。前の晩に行った氷見をもう一度通って和倉温泉に向かいました。ここに来るのはちょっとお目当ての店がありました。でも、9時にならないと開かないので、それまで和倉温泉の足湯に行きました。足湯と言ってもとても立派です。2018.6.4d
ランディもちょっぴりのぞきましたが、もちろん足湯には入ってません。目の前にはきれいな海が広がっていますが、まだ少し曇り空なので残念です。

さすが和倉温泉には立派なホテルや旅館が並んでいました。こんな所に泊まりたいけど、ワンコ連れのときは無理です。。。
足湯も気持ちよくていつまでも入っていたい気持ちでした。

さあ、9時ちょっと前になったので、お目当てのお店に行きました。
そこは石川県七尾市出身のパティシエ辻口博啓さんの「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」です。9時の開店を待つように私たちだけでなく、次から次へとお客さんが入ってきました。

朝9時のおやつです。たとえ夜中でも食べたいような美味しいケーキ!明日の朝のためにクロワッサンも買ってきました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

足湯の所から見えた能登島大橋。あれを渡って能登島へ行きます。2018.6.4n
海の中にある橋は高低差があり、少し怖い感じがしました。2018.6.4o
島ではまずマリンパークで降りました。海の水はとても綺麗でしたが、浜は少し汚れていていました。しばらく散歩して切り上げました。

島には「のとじま水族館」もありますが、今日は予定がいっぱいなのと、見学に時間がかかりそうなのであきらめました。「道の駅のとじま」では、色々とお買い物!

島を出るのはもう少し北に上った「ツインブリッジのと」2018.6.4s
橋を渡ったところにある公園の展望台から見ると美しい橋でした。2018.6.4t
今回の旅行で一番お世話になったのは、インターネットサイトの「のとねっと」が発行している情報誌「ぶらり能登」です。インターネットで申し込むとすぐに郵送されてきました。出かける前にしっかり読んで色々計画を立てましたが、天候のせいもあり、実際はその通りにはいきませんでした。でも、頭の中にかすかに残った情報と、その情報誌を始終ペラペラしていたおかげでしっかり見物できました。

能登島を後にして、半島の上の方までどんどん進みました。そして途中で見つけたのが、「マルガージェラート」。情報誌に載っていたお店です。
“あーー、ここに寄って!”
この辺りまで来ると、極端に食べ物屋さんが減ってきました。そろそろお昼の時間でした。
“今日のお昼はこれだね!”
朝からケーキ、お昼はジェラード、糖質が心配だけど、今日だけ今日だけと自分に言い聞かせました。

目指すは見附島!もう少しのところで見つけた「恋路ヶ浜」。その頃には青空が広がり、海の色も綺麗!
2018.6.4z
あまりに美しく広がる光景にパノラマで写真を撮ってみましたが、あの広がりはもう一つ伝えにくいです。2018.6.4a1
ここでもたくさん散歩しました。2018.6.4a2
そして、いよいよ見附島までやってきました。島の形が軍艦に似ているので軍艦島とも呼ばれています。ここは人気スポットなのかバスツアーのような観光客がきていました。2018.6.4u
あまりの迫力にランディもびっくりだよね!2018.6.4v
能登半島のてっぺんまではあともう少しです。そこまで行ったら、これで半周したことになります。後半はまた明日。