母と金シャチ横丁

6月11日は父の命日。私は父が亡くなった年齢を5年も超えてしまいました。なんだか親の年齢を超えるというのはおかしなものですが、今でもやっぱり父は私よりも年上。
母と一緒に11日の月曜日にお墓参りに行くつもりでしたが、天気が悪そうだったので昨日に変更しました。
前回来たときは娘やお孫、いとこたちがそろって賑やかな墓参りでしたが、昨日は母と静かに参ってきました。

墓参りの後は、いつものように母とランチに行きました。
“何が食べたい?”
母もあまり調子が良くなさそうで少し元気がありません。
“美味しい物食べて元気出そうね!”

二人でやってきたのは、今年春オープンした名古屋城の金シャチ横丁です。以前一度来てみましたが、名古屋城正門前の駐車場には長い列ができてとても待つ気がしませんでした。でも、名古屋城天守閣はゴールデンウィーク後は中には入れなくなりましたから、名古屋城に来る観光客は少し減ったかな?

やっぱり駐車場はガラガラというほどではありませんが、しっかり空いていました。金シャチ横丁の「義直ゾーン」は駐車場からもすぐのところです。2018.6.13a
母の希望で「備長ひつまぶし」へ入りました。まだ11時を過ぎたばかりでしたが、店内には2組ほど先客がいました。2018.6.13b
注文したのはもちろんひつまぶしです。美味しかったです!2018.6.13c
ここは他にも名古屋めしの色々なお店がありますから、何食べようかな?って迷っているときには良いかもしれません。平日ならデパートよりも車は駐車しやすいし、駐車場からもすぐです。ただ、1つ1つのお店が小さいので、12時過ぎるとどのお店も満員になってしまいそうです。
昨日は「義直ゾーン」へ来ましたが、「宗治ゾーン」もちょっと行ってみたいです。宗治ゾーンの方がもう少し歩かないといけません。

母はうなぎを食べて少し元気が出たようでしたが、そのまますぐに家まで送っていきました。
しばらくきくちゃんの赤ちゃんの世話で母と墓参りも行けなくなりますが、ちょうど暑い時期なのでお休みも良いかもしれません。また秋になったらお参りに行くからね、パパ!