6月2日 能登半島最終日

私たちとランディの旅も3日目、最終日となりました。
今日は帰りにひなちゃんときくちゃんを小牧に迎えに行くので、なんとしても午後7時までに帰らなければなりません。逆算すると、遅くても2時か3時には出発する必要がありそうです。
ということは、朝7時から7時間ぐらいはたっぷり余裕がありそうです。

その前に朝6時頃ホテルを出発する前に、内灘海岸までランディと散歩に行ってきました。浜辺に咲く花や草は私たちにとっては珍しいものです。

浜辺の向こうの方を見渡すと、車がぎっしり止まっています。なんだろう?と思ってよく見ると、釣り竿を持った人たちも見えました。こんな朝早くから皆さん防波堤で釣りをしていました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

昨日すでに能登半島は一周してしまいましたが、今日は輪島まで戻って朝市に行く予定です。
今回、能登半島を走ってみて驚きましたが、ほとんどの高速道路がタダ!無料です。1カ所だけ200円支払ったところがありましたが、他は無料でした。かつては有料だったようですが、現在では無料になったみたいです。それも、それほど混んでいるところがないので、少々遠くてもあまり気になりませんでした。

ホテルから輪島までは約1時間半、思ったよりも早く朝一に到着しました。駐車場はほぼ満車でした。早速朝市をのぞくと、やっぱり買いたい物は魚、一夜干しの魚です。冷蔵庫は持っていなかったので、自分の家と娘の家に宅急便で送ってもらいました。それにしてもお魚、安い!さすがにのどぐろは少々高価でしたが、それでも他のめばる、ふぐ、ほっけ等々あまりに安くて運賃の方が高くなりそう・・・全部冷凍できるので、娘や孫にもたくさん送りました。
翌日届いたのどぐろとめばるをいただきましたが、ホント美味しい~~

スライドショーには JavaScript が必要です。

お買い物で興奮したので、ちょっと休憩です。また10時のおやつかな?輪島プリンにゆずソフトが乗ったもの。毎日美味しいスイートがいただけてハッピーです。

朝市の奥の方で見つけた輪島塗のステキなお店。輪島塗が売っているところはたくさんありますが、店先でまとめ売りをしているのは本物?って思っていたので、ステキな輪島塗を見て目の保養をさせていただきました。欲しい!と思った物はちょっと手を出すのに勇気がいるお値段でした。とりあえず今回は輪島塗のお箸を買いました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

朝市を出て、昨日寄った所に近いところでランディの散歩です。ちょうど土曜日だったので、クラシックカーが集まっていたり、自衛隊もイベントをやっていました。

さあ、ここからは南へ下りながら気になったところへ時間の許す限り寄ることにしました。
輪島の方へ来て、家屋が非常に違っていることに気づきました。特に、外壁がほとんど板塀なのには驚きました。雪も降り、海からの風も強い地域で、板塀では痛みやすいのじゃないかと想像しましたが、モルタルのような外壁は本当に少なかったと思います。

その代表的なところが、輪島市天領黒島角海家でした。北前船の廻船問屋として栄華を誇った角海家のお家ですが、今では輪島市に寄贈されています。
“ちょっとだけ見てみる?”
そう言いながら中に入りましたが、なんと案内人の方がとても親切で、家中を全部説明しながら案内してくれました。2018.6.6a2
この家だけでなく、この辺りは古い家がたくさんあります。ただ、空き家も多いらしく今後の維持が大変だということがよく分かりました。

思いがけず時間を取ってしまったので、もうお昼の時間になってしまいました。前日に通ったときに見つけた「西海丸」の看板。そこへ行ってみることにしました。2018.6.6o
港のすぐ横にあるお店です。2018.6.6n
とにかく美味しかったー!ネタが大きくていくつも食べられません。それでも、かなり食べましたよ!

予定していた厳門へ到着です。本当はここで観光船に乗って海から見るつもりでしたが、時間が無くなってきたので、今回はあきらめました。次回は絶対に船に乗ろう!って思いましたが、一つ問題が・・・船に乗るには海までずっと下りていかなければなりません。ということは、船から下りたら山を登ってこないといけないということです。それがちょっと辛そう・・・

スライドショーには JavaScript が必要です。

最後にお待ちかねの羽咋市の「千里浜なぎさドライブウェイ」へ寄りました。世界でも珍しい波打ち際を自動車で走ることができるドライブウェイで、約8km続いているそうです。私たちは実際に全部は走りませんでしたが、かなり長距離走ったと思います。途中にはお店もあります。
2018.6.6z
海側には車を止めて魚釣りをしたり、のんびり水遊びをしたりする人がいました。ただ、じっとしている分にはいいのですが、散歩のように歩き回るのは車が通るのでちょっと危ないかもしれません。ここはただのんびりしにくるところです。

スライドショーには JavaScript が必要です。

これで、私たちの能登半島の旅は終わりです。帰りはまた東海北陸道で帰ってきました。途中ひるがの高原サービスエリアで行きに食べられなかったソフトクリームを食べました。2018.6.6z3